サイトを落として1週間放置しました

こんにちは。
タイトルの通り、本ブログが先週から今日まで1週間落ちてました。

アクセスすると、下の画像のような状態でした。

もう、完全にあかんですよねw

理由は明確で、GCPの無料期間が終了する前にインスタンスをアップデートしていなかったからです。
無料期間が終わっていることにも気が付かず、アップデートしてくださいっていうメッセージにも気がついていませんでした。

ただ、死活監視してさえいれば、サイトが落ちてすぐ気づけていたはずです。
ですが、やってませんでした。

「面倒だけど、大事な部分」に手間をかけていないその根性がBADでした。

そして、サイトが落ちてから3日後くらいに発見しました。

そう、3日後です。
このときはまだ、Googleのクローラーにも検知されていなかったのか、検索順位等も今まで通り。

このタイミングで対処していれば、ほぼアクセスが無い個人のブログとしては、問題なかったでしょう。

ただ、私は放置しました。

インスタンスをアップデートしたら、きちんと更新されましたが、それに伴いIP等が代わり、ドメイン周りの設定を変えるのが急にめんどくさくなり、放置しました。

はい、最低です。怠惰すぎます。

現在、かの有名な「達人プログラマー」を読んでいて、その第1章の2つめの項目で出てくるのが「割れた窓を放置しておかないこと」です。

「割れた窓」(つまり悪い設計、間違った意思決定、質の悪いコード)をそのままにしてはいけません。発見と同時にすべて修復するのです。

達人のプログラマー p.7

私は今回、割れた窓を完全に放置しました。ごめんなさい。

そもそも、死活監視をしっかりしていれば避けられた問題ではあるものの、気づいた時に修復していれば、Googleさんに気づかれる前にサイトを復活できていたでしょう。

サイトを落として放置した結果、Google 検索で今まであるワードの組み合わせで2位〜3位だったものが完全になくなりました。

今回のことを教訓に、自分が関わるサービスでは今回みたいなBADな事はしないようにし、死活監視をしっかりやろうと思います。
(GCP Stackdriver Monitoringで死活監視、近いうちにやろうと思います、、、近いうちに)

私のブログの場合は、検索順位が落ちたとかに関しては大して影響が無いので、また気楽にぼちぼち更新していこうと思います。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です