ブログ運営者のプロフィール

プロフィール

はじめまして。当ブログ運営者のひろきです。数あるウェブサイトの中から、このページをご覧いただきありがとうございます!「お前誰やねん」っていう方が9割9分だと思いますので、プロフィールを簡単にまとめました。

生い立ち

安齋浩樹(あんざいひろき)1992年5月11日生まれで、血液型はO型。東京都世田谷区で生まれ育ったシティボーイです。漢字は違うのですが、名字が某バスケットボール漫画のチームの監督と同じことから、初対面でバスケ好きの人は8割以上「先生」と呼んできます。悪い気はしないです。

よく転ぶ内股のサッカー少年時代

今当時の写真を見返すと、笑っちゃうくらい内股です。身体のメカニズム的にその足の角度で歩いたり走ったりしたら、まあ転ぶだろうなと。自宅近所の公園の階段で転び、額を階段の角に打ち付けたため、額に絆創膏をつけて学校に行っていたこともあります。滑稽です。

小学校に入学したとき、3つ上の兄の影響でサッカーを始めました。なんやかんやで、そこから長いこと10年以上続けたので、大好きだったんだろうと思います。新しいものが好きで、始めたと思ったら飽きるのも早い性格なので、そんなに1つのことが続いたのは今までの人生ではサッカーだけです。

クラスに全く馴染めなかった高校時代

”馴染めなかった”というより、”馴染まなかった”という方がニュアンスとして近いです。私が通っていたのは、某工業大学の附属高校で、「プログラミング」「ロボット」「建築」といった、各専門のクラスに別れている、高専のような学校でした。

その中で私はプログラミングを主に学ぶクラスで、クラスメイトはパソコンが大好きな、所謂「オタク」のような方が9割で、チェックシャツ率も9割を超えていたと思います。少女アニメやテレビゲーム等が好きな人も多く、どちらもあまり興味が無かった私は、クラスメイトと会話することも少なかったです。今考えると、価値観を広げるチャンスだったとも思うのですが、もったいない。

プログラミングの授業では主に「C言語」を扱っていました。もともと、「これからの時代、コンピュータに詳しい方がいいかな」くらいで選んだクラスだったので、序盤で授業についていけなくなりました。何より、楽しくなかった。コードの羅列を眺め、目的も持たずに受け身で授業を受けていて、まあ楽しい訳が無いですよね

その当時は、今後の人生でプログラミングを再び学ぶことになろうとは、夢にも思っていませんでした。

外の世界を知った大学時代

そんな高校時代を過ごし、「大学ではドラマ「オレンジデイズ」のような華々しいキャンパスライフを!」という下心気持ちで某私大の経済学部に入りました。競技系のフットサルサークルに入り、本気でフットサルをしたり、遊びに行ったり、、、 そして、1年生の夏休み、中学時代の友人と初めての海外(イタリア・フランス)に行きました。初めての海外は自分にとってはかなり衝撃的で、「今までなんて狭い世界で生きていたんだろう」と本気で思いました。自分の今まで持っていた”常識”がぶち壊されました。

それから、「もっと色んな世界を知りたい。色んな人と会いたい」と思い、イギリスへ1年間の留学をしました。留学中は現地の大学に通ったり、現地のコミュニティでフットサルをしたり、休みの期間にヨーロッパをバックパック一つで周ったり。その時から、未知の世界に行き、未知の人と会い、強烈な刺激を受けることの中毒でした。

大学卒業前には、中南米を3ヶ月くらいかけて周り、今まで行ったのは合計で30カ国弱。まだまだ行ったことない国ばかりだなあと思いますね。本当に。

「社会人になると長い休み取れないから、卒業前に旅行に行きたい。」こんな気持ちで旅に出ましたが、今考えると思考停止してました。確かに、その当時自分の周りにはそういう考えの人が多かったと思います。ただ、その旅の中で色んな出会いがあり、その価値観も変わっていきます。

 

View this post on Instagram

 

Glaciers as sculptors of the landscape #Argentina #elcalafate #peritomoreno #trekking #hermoso

Hiroki Anzaiさん(@hiroaz511)がシェアした投稿 –

平均以上をこなす、そこそこな営業マン時代

大学を卒業し、某大手ECサイトを運営している会社へ新卒入社しました。配属先は大阪で、東京で生まれ育った自分には全く縁もゆかりも無い土地でしたが、土地柄フレンドリーな方が多く、日々楽しく仕事をしていました。そして何よりも、企業の社長さんや、個人事業主の方と話すことが多い仕事だったので、刺激的な話を聞き、「自分でもやってみたい」と、次第に思うようになりました。

営業成績に関しては、ずば抜けて良いわけではありませんでしたが、”そこそここなす”奴だったとは思います。入社2年目の2017年には、自分が担当した店舗の売上が部署内で年間1位になったりもしました。2018年には、アメリカでのプロジェクトのメンバーにも選ばれ、2ヶ月弱現地支社に滞在して、現地法人に営業するという経験もできました。

大学時代の友人の話を聞いたりすると、新卒1・2年での経験としてはすごくいい経験させていただいたなと思ってます。昔から運はめっちゃいいんですよね。

そして今・・・

プロフィールに書いた内容をご覧いただければ分かるように、どこにでもいるようなド凡人です。

先日新卒で入社した会社を退職し、これからWebエンジニアとして仕事をしていこうと考えています。「退職した理由」等については、長くなりそうなので、追々ブログの記事として書きたいなと思います。

最近も色んな人と出会い、刺激を受け続けている毎日です。そして、自分も周りに良い影響を与える存在になりたいと思っています。このブログを通じて、今までの経験等で、少しでも価値のあると思う情報を発信していきます。

 

ここまで呼んでくれたそこのあなた、好きです。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です